にいがた総おどり

メニュー

「心踊れば皆同じ」
日本最大級のオールジャンルのダンスフェスは、
世界が新潟を目指す、新潟にしかない景色

国籍も、年代も言葉の壁も価値観も、そしてダンスのジャンルすら超える、
日本最大級のオールジャンルのダンスフェスティバル「にいがた総おどり祭」。
この3日間のために、新潟県内・全国各地、そして海外から
過去最大の約240チーム・15,000人の踊り子たちが新潟市に集結します。
まばたきを忘れるほどの迫力や、コミカルな演出などアイディアあふれる5分間に、
笑ったり、圧倒されたり、目を細めたり、手に汗かいたり…
そして踊りたくなったら、一緒に踊れるプログラムであなたも感動の発信者に!
感動と興奮の3日間がいよいよ今年もやってきます。

過去最多のチームが参加!
つまり、過去最多の思いと感動が
新潟の街を席巻する

ジャズダンスにフラメンコ、民謡に、創作ダンス、よさこいにチア…そんなオールジャンルのダンスが続々と披露されるお祭りを見たことがありますか?予想がつかない展開と、力強いダンスは、思わず時が経つのを忘れてしまうほど。しかもエントリーする約240チーム・15,000人の踊り子たちの多くは、学生だったり、会社員だったり、お父さんだったり、おばあちゃんだったり、プロではありません。しかし想いの込められた本気の演舞の数々は、思わず鳥肌が立つほどの見事さです。新潟県内・全国各地、そして海外から過去最多の約240チーム・15,000人の踊り子たちが新潟市に集結する、奇跡のような3日間。きっとあなたも踊りたくなるはず。

1年間の精一杯を
ぶつけ合い、称え合う。
そこにドラマが生まれます

競わずに、称え合う。それがにいがた総おどりで表彰される3つの賞です。新潟らしさを感じる「創人賞(新潟県知事賞)」、踊りに迫力や力強さを感じる「想人賞(新潟市長賞)」、笑顔など音楽や踊りの豊かな表現力を感じる「奏人賞(大会会長賞)」。全力で踊る姿に、優劣はありません。受賞チーム発表直前の緊張感、発表された瞬間に爆発する歓声と笑顔…そこに、全踊り子が踊りにかけてきた時間と思いが。ライトに照らされ、誇りと喜びに満ちた受賞チーム演舞は、必見です。今年はどんなドラマが待っているのか…乞うご期待!

飛び入り参加歓迎、心踊れば皆同じ!
5,000人が万代シテイを
踊りでジャックする

踊りたくなったら、あなたも一緒に踊っちゃいましょう!踊りの経験はゼロでOK。17・18日のラストを飾る「総踊り」は、踊り子・観客・スタッフ、総勢約5,000人が一緒に万代シテイ十字路を埋め尽くして踊ります。振付は見よう見まねで大丈夫。さらに当日エントリーステージや、最終日のチーム演舞に他のチームメンバーや観客も参加するのも祭りの名物です。新潟の江戸時代の盆踊りを再現した「下駄総踊り」のワークショップに参加して、1,000人の踊り子と古町を踊り歩くのも忘れられない経験に。今年は踊り参加情報案内所「ODORIBA」も初登場、さぁ皆でレッツダンス!

祭りに携わる全ての方の力で、
「地域活性の大きな力」として
名誉ある数々の賞を受賞

15周年を迎えた昨年2016年から2017年にかけて、にいがた総おどりは大きな賞を次々と獲得。
・「第20回 ふるさとイベント大賞 優秀賞」
・「第2回 ジャパン・ツーリズム・アワード 国内・訪日領域ツーリズムビジネス部門賞」
・「新潟市表彰」
・「第14回 NIKS地域活性化大賞 奨励賞」
これらはすべて、祭に関わった人すべてに与えられたものであり、これからの祭への期待の高さに他なりません。もっともっと、踊りの力が新潟の元気に、日本の未来に、世界の平和につながるよう、ご理解・ご協力くださる皆様への感謝の想いとともに、にいがた総おどりは邁進していきます。

特等席をキープできる!
最高の場所から最高の景色を望む
スペシャルシートはお早めに

普段は車が行き交う万代十字路、アットホームな雰囲気がたまらない商店街、
江戸時代の絵巻物の景色が広がる古町に、賑やかに新潟を訪れる人を迎える新潟駅…
3日間で全10会場が情熱の踊りに染まります。
どこも雰囲気や踊り子との近さも違うので、“会場”も祭りを楽しむポイントです。
中でも万代十字路に登場する桟敷席は、まさにスペシャルシート!
会場を一望できるポジションのあなたに向かって演舞が迫ってきます。
また色鮮やかな衣装に身を包み、キラキラした表情のフォトジェニックな踊り子たちの撮影にベストなシートも。
同じ瞬間は二度とないかけがえのない景色を、余すことなくぜひお楽しみください。