にいがた総おどり

メニュー

最新ニュース

2017.09.15

踊りの街・新潟の伝統を受け継ぐ「新潟下駄総踊り」

news_geta01

毎年人気演目のひとつに挙げられる「新潟下駄総踊り」。

江戸時代の新潟にあった、四日四晩踊り明かした盆踊りを現代によみがえらせた踊りであり、踊りかから伴奏まで、新潟の伝統がたっぷりと込められた大演舞になります。

勇壮な男振り、艶やかな女振り、熟練の熟振り、元気いっぱいの子ども振り、地方唯一の日本舞踊の家元市山流による市山振り、パパイヤ鈴木氏考案パパイヤ振りなど、多彩な振り付けが続々と入れ替わり立ち替わり披露されるので、目が離せません。
さらに今年はとっても覚えやすい、新たな振り付けもお披露目されます。

なかでも16日の夜、古町6・7番町会場で踊られる「新潟下駄総踊り行列」では、約1,000人の踊り子が約2時間、2つの商店街・300m以上を踊り歩く様子は、まるで古の絵巻物のよう!

色鮮やかな衣装をまとった踊り子たちの足元でリズムを刻む下駄「小足駄」も伝統の技と歴史が込められたものであり、この下駄を作れる職人は日本広しといえど、何人もいません。

そして、伴奏は港町新潟伝統の楽器「永島流新潟樽砧」。目にも留まらぬバチさばきも、この演舞の大きな目玉のひとつです。

期間中は、さらに各公演会場で披露されるほか、17日・18日の万代シテイ十字路で行われるフィナーレ特別プログラムではスペシャルバージョンで登場!
日が落ちた中、スポットライトに照らされながら踊りあげる姿もまた大変に美しく、毎年大きな感動を呼んでいます。

news_geta02

新潟下駄総踊り公演スケジュール

●9月16日(土)

  • 10:18~10:24 山の下市場通り会場
  • 15:54~16:00 新潟ふるさと村会場
  • 18:54~20:30 古町6番町・7番町会場※下駄総踊り行列
<古町でワークショップを開催!>参加費無料・事前申し込み不要!
踊りを覚えて、そのまま下駄総踊り行列に参加しませんか!?
  • 16:00~16:40 古町6番町
  • 16:00~17:00 古町7番町

●9月17日(日)

  • 13:18~13:24 下本町商店街会場
  • 13:24~13:30 山の下市場通り会場
  • 20:15~20:30 万代シテイ十字路メイン会場※下駄総踊りスペシャル

●9月18日(月・祝)

  • 11:36~11:42 新潟ふるさと村会場
  • 12:36~12:42 新潟ふるさと村会場
  • 18:54~19:12 万代シテイ十字路メイン会場※下駄総踊りスペシャル

※スケジュールは予定、変更が生じる場合がございます。

news_geta03