3年ぶりに「にいがた総おどり」をリアル開催し、新潟に熱気と活力を届けたい

毎年9月に、新潟市中心市街地で開催される踊りの祭典「にいがた総おどり」は今年、3年ぶりに、リアル開催を復活致します。コロナ禍による影響で以前参加して下さっていた参加団体の多くが、メンバーの減少などで苦しんでいます。にいがた総おどりで、踊ること、観ることを楽しみに待ち続けて下さっている皆さんのために、リアル開催を復活させます。そうすることで、祭開催期間だけでなく、いつでも、誰でも、踊って元気になれる活動を、地域のチームの皆さんが再開できるようにしたいのです!
※本ページの下部(PCは右横)からプランを選んで御支援下さい。

【目次】
・にいがた総おどりについて
・この祭りが生んだ社会の変化
・祭の開催への想い
・資金の使い道/実施スケジュール
・最後に

にいがた総おどりについて

2001年。新潟の若者達がこの祭を作り始めて、20年が経ちました。
新潟に生まれてくる子どもたちが、「この街に生まれて良かった。」そう思えるような、感動と活力のある新潟を、祭を通して子どもたちにプレゼントしよう。そんな若者達の想いが、小さな波を起こし、人を巻き込み、町を巻き込み、全国・世界から人を集める祭へと成長してきました。
にいがた総おどりは、全国・海外から、総勢15,000人の参加者と、約20万人の観客が集う踊りのお祭りです。最大の特徴は「心を込めて踊れば、どんな方でも参加できる」ということ。踊りのジャンル、経験、年齢、性別、国籍…etc、関係ありません。毎年9月の3連休に、新潟の中心市街地約10会場で開催。よさこい、HIPHOP、ジャズ、民族舞踊、チアリーディング、体操、創作ダンス、etc…、様々な踊りが披露され、新潟が熱狂に渦に包まれます。

【にいがた総おどり】紹介動画

  • ▲300年前の新潟に実在した熱狂的な盆踊りを現代に復元したプログラム「下駄総踊り」。
    今では新潟を代表する文化として、多くの方々に親しまれています。

  • ▲繰り広げられる渾身の演舞の数々。一般の人々が見せる凄まじいエネルギー。
    民衆の力が人々の心を鷲掴みにし続けてきました。

  • ▲中心市街地から小さな商店街まで、バラエティ豊かな会場が存在。その一つ一つに地域の世界があることも魅力。

  • ▲新潟では、教育の一貫として多くの小中学校で踊りが取り入れられています。
    子どもたちにとって、この日はかけがのない体験となっています。

■にいがた総おどり開催概要

2022
9/17(土) 9/18(日) 9/19(月・祝)

◆会場/
万代シテイ・万代バスセンタービル2Fステージ・新潟駅南口広場・古町6,7・山ノ下市場通り・ 新潟ふるさと村(予定)
◆主催/
新潟総踊り祭実行委員会、新潟商工会議所​
◆後援協力/
新潟県、新潟市、新潟県教育委員会、​新潟市教育委員会、メディア各社他​
◆参加団体数/
県内外計150団体 約6,000人

昨年の20周年は、万代シテイ十字路の1会場のみでしたが、今年は全7会場を予定し、県相、全国から150団体のオールジャンルの参加団体への参加呼びかけを開始しました。

参加者・来場者の感染対策を講じながら、日本最大級のオールジャンルのダンスフェスティバルとしての復活を目指し、3年ぶりのリアル開催に挑戦します。
さらに、昨年5万視聴、16ヵ国からの参加を達成したオンライン参加・配信は今年もさらにパワーアップして開催。リアルとオンラインを組み合わせた祭の楽しみ方を創造します。

2022年の企画としては、新潟のプロアーティストの生演奏で踊るプログラムや、総踊りの目玉、下駄総踊りへ新潟市8区の市民が参加する地域密着の取組など。
地域・学校・福祉など団体との連携プロジェクトも多数開催。
新潟の街が踊りで熱狂に包まれます。

この祭が生んだ社会の変化

  • ▲人のつながり・国際交流

    2019年までは世界各国からの来場者も年々増加していました。なんと海外にも、新潟総踊りの支部が生まれています。さらには、障害のある方々、大人と子供、地域を越えた交流など…踊りという共通体験を通して多くの人々が出会い、信頼関係で結ばれてきました。

  • ▲踊りを通した活力づくり

    「踊れる実行委員会」として祭をつくるホストチーム「響’連」では、1年を通じて、県内・全国の様々なイベントで踊って新潟をPRしています。その先々で、多くの方々が「元気をもらった」と仰ってくださいます。

  • ▲新しい文化創造

    新潟の祭りの歴史、伝統芸術「樽砧」、新潟の下駄「小足駄」、地域に根付く踊りや民謡…消滅の危機に瀕していた文化が、お祭りの場で多くの方に親しまれ、現代で愛される宝物として息を吹き返しました。

  • ▲健康な社会づくり

    実行委員会では、楽しく踊れる健康体操を作り、年間約200回の講習会を開催して年間延4,700人の高齢者の皆さんが楽しく踊っています。高齢者の健康寿命を伸ばし、元気なお年寄りを増やしています。

  • ▲教育・子育て

    「次の世代へ受継ぐ心」がテーマのこの祭では、立上げから継続して子どもたちへの教育活動には積極的に取組んできました。年に80回ほど、各地の学校・教育機関で踊りの講習会や講演会を実施しています。みるみる顔つきが変わっていく子どもたちに出会えることも喜びの一つです。

  • ▲地域コミュニティ

    参加チームの多くは、地域コミュニティの機能を果たしています。お祭りでの出会いを通して、人々の間に絆が生まれ、自分の居場所、お互い助け合う場になています。さらに近年は県外の参加チームが増え、大勢の方が「新潟は第二の故郷」「また帰ってきます」と言ってくださいます。そんな無数の繋がりには大きな価値があるはずです。

祭の支援への想い

●岩上寛(にいがた総おどり総合プロデューサー)

1万人の人たちが楽しみながら3,000円ずつ出し合ってこの祭をつくる。
それが、日本一心躍る祭の理想の姿だと思ってる。

草の根から始まったこのにいがた総おどりは、本当に数えきれない程多くの人たちが「心を込めて」関わってくれたお陰で、「新潟の祭」として育つことができた。
ただ、3日間会場を借りて、開催すればイベント的にはできるかもしれないけれど、そこに行って「誰か」に会いに行くこと。そこでしか感じることができない「何か」に会いに行くことが、何十年、何百年と続いていく祭には必要。そんな「誰か」「何か」をつくるために、祭を開催3日間以外の362日、新潟・全国・世界中の人にこの祭を届けていく年間活動があるわけで、この環境を持続可能にしていく支援のカタチが一番大事なことだと思う。
開催したり年間活動を回していくための資金も、祭創りの作業もそうなんだけど、誰かに寄りかかったやり方では、続かなくて、みんなでちょっとずつ力を出し合って、「ああ、この祭、わたしが創ったんだなぁ」って想いながら、祭りを観たり・踊ったりできたらむしろ楽しそうだよね。

コロナ禍で参加人数の減少やリアル・オンライン開催、感染対策の経費増などで、今年は例年以上に開催経費の問題は大きくて、祭の参加費も値上げして3,000円(大人)にさせて頂いた。でも、この祭をずーっと応援してくれているサポーターが3,000円から応援してくれていたわけだから、参加する人も同じように応援して参加しないわけには行かないよ。と話してくれる踊り子がいて有難かった。

「にいがた総おどり」が、次の世代の子どもたちにとって欠かせない新潟の文化だと考えて下さる皆さんに是非ともご協力頂き、支援を通じて祭の魅力を知ってもらい、今よりもっと、にいがた総おどりを楽しんでもらえたらと思う。

資金の使い道/実施スケジュール

・2022にいがた総おどり/2023アート・ミックス・ジャパンに向けた開催準備金
・文化団体サポート、教育・福祉支援、伝統文化継承等の年間活動の窓口/運営を行う事務局運営資金として利用させて頂きます。

■実施スケジュール
・2022年6月10日 協賛プラン受付開始
・2022年7月20日 協賛プラン一部受付締切[対象プランB、D、E、G、H、I、K、L、N、O、P、Q、R、S]
・2022年8月10日 広報物掲示(HP/ポスター/パンフレット等)/プログラムスケジュール公開
・2022年8月31日 協賛プラン全て受付締切
・2022年9月17日-19日 にいがた総おどり祭開催
・2023年4月15日-16日 アート・ミックス・ジャパン開催
・2023年5月 実施報告書送付

最後に

にいがた総おどり、アート・ミックス・ジャパンは、新潟を拠点に祭を創り始めて21年目となり、この祭を支えてきた、踊れる実行委員会である「響’連」は、1,000人に、ボランティアで祭を支えたスタッフの数は、7800人以上に上ります。地元新潟のみならず、県外、海外からもたくさんの人がきてくれて、祭創りを行ってきました。

色とりどりの応援協賛プランを通じて、さらにたくさんの方々と共に、毎年楽しめる「わたしたちの祭」をつくりたいと思っています。是非ともご協力のほどお願いいたします。

参考外部リンク
▼にいがた総おどり公式HP
https://www.soh-odori.net/
▼アート・ミックス・ジャパン公式HP
https://artmixjapan.com/

<協賛リターンお申し込みの方々へのご注意事項>
*お申し込み後の変更・キャンセルはお受けできませんのでご注意下さい。
*ご支援金は、2022にいがた総おどり/2023アート・ミックス・ジャパンに向けた開催準備金や、年間活動の窓口/運営を行う事務局運営資金として利用させて頂きます。また、ご支援金からリターンの制作費や送料等についてもまかなう必要がございます。
*にいがた総おどり、アート・ミックス・ジャパンは雨天決行です。但し、天災などにより万が一主催者がにいがた総おどり、アート・ミックス・ジャパン中止を判断した場合であっても、ご支援金の返金はございません。予めご了承下さい。
*客席リザーブは、チケットの事前送付などがございません。会場入口にてお名前を確認致します。集合場所、時間につきましては、お目当てのチームの演舞スケジュールが確定する2022年8月10日(予定)にメールにてご案内致します。

*転売目的の購入は、ご遠慮下さい。

リターン内容などに関してご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

新潟総踊り祭実行委員会
info@soh-odori.net

<個人情報保護に関する基本方針>
新潟総踊り祭実行委員会(以下、当団体といいます。)は、「個人情報の保護に関する法律」その他の関係法令を遵守し、氏名、住所、電話番号、メールアドレス等個人を特定することのできる情報(以下、個人情報といいます。)を適正に扱うことが当団体の重要な社会的責任と認識し、次の方針のもとで個人情報を取り扱います。

個人情報の取得
当団体は、個人情報を取得する際には、その利用目的を特定して通知または公表し、適法かつ公正な手段によって、必要な範囲で取得いたします。

利用目的内での利用
当団体は、個人情報を、ご本人の同意なくして、利用目的の範囲を超えて利用することはございません。

個人情報の第三者への提供
当団体は、次の場合を除き、個人情報を第三者へ開示または提供いたしません。

・ご本人の同意がある場合
・利用目的を達成するための必要な範囲で、業務委託先に提供する場合
(この場合には、当団体は業務委託先に対し、提供した個人情報の適正な取り扱いを求めるとともに適切な管理をいたします。) ・法令の定めまたは行政当局の通達、指導等に基づく場合

お問い合わせ等
お客様は、当団体が保有するお客様ご本人の個人情報について、当団体所定の手続きにより、開示をご請求いただくことができます。お客様ご本人の個人情報の開示をご希望される場合は、お求めになられた方がご本人であることを確認したうえで、開示いたします。当団体「個人情報保護事務局」までお問い合わせいただければ、開示に必要な手続についてご案内いたします。お客様がご本人の個人情報の訂正・利用停止・削除をお求めになったときには、お求めになられた方がご本人であることを確認したうえで、当団体「個人情報保護事務局」で承ります。また、その他個人情報に関するお問い合わせやご相談につきましても、当団体「個人情報保護事務局」で承ります。

個人情報の適切な管理
当団体は、個人情報の紛失、毀損、改ざん等を防止するために適切な安全対策を講じます。また、個人情報の取得、利用、管理等の団体内規程を整備し、個人情報保護のためにそれを取り扱う役員・従業員等に周知徹底します。

法令遵守と改善
当団体は、個人情報保護に関する法律その他の関係法令及び団体内規則等を遵守し、個人情報を適切に取り扱うよう、継続的な改善に取り組んでまいります。

以上